電装班

電装班では、ロケット打ち上げによるデータ回収のためのプログラミングの他、開放機構を動作させるためのプログラミングを行っています。現在、無線通信によるデータの回収やパラシュートの開放を目指して勉強しています。