モデルロケット

モデルロケット班では、モデルロケットの製作及び安全な打上回収技術の確立を目指しています。具体的には、地元徳島での大型モデルロケットの打上実験を行うための計画、ハイブリッドロケットに搭載する電装、開放、機体構造の代用実験などの活動をしています。

今年度はC型エンジンを用いた中型モデルロケットの打上実験を行っており、安全な回収及び、上空でのデータ回収に成功しました。安全かつパフォーマンス性に優れた機体の開発に成功しました。

また10月には和歌山県の加太でプロジェクト初のG型ロケットの打ち上げに成功しました。

現在は地元徳島で大型モデルロケット打上実験を行うための実験場を探しており、土地の使用許可をもらうため外部の機関への呼びかけ活動や、様々な申請に関する書類製作を行っています。最終的には徳島でモデルロケットのデモ打上を行う宇宙イベントを開催したいと思っています。

モデルロケット モデルロケット2 モデルロケット3 モデルロケット4

※モデルロケットとは火薬エンジンを使用した紙製ロケットで、国内ではこれまで20年間で約33万回無事故で打ち上げられているとても安全な世界的宇宙教育の教材です。

モデルロケット5 モデルロケット6

 

広告