2015’s バルーン

わたしたちは、徳島大学の佐原理准教授と名古屋大学のNAFTと協力し、平成27年9月15日に高知県室戸中央公園にてバルーン放球実験を実施しました。これは、ヘリウムガスを用いたバルーンにカメラや測定機器を搭載して空へ飛ばし、上空のデータを取得することを目的とした実験です。この結果、バルーンは高度約35000mまで到達し、その間のカメラの映像と気圧のデータを得ることに成功しました。また、この活動は徳島新聞や四国放送「ゴジカル」等のメディアに取り上げられ、平成27年度の学生表彰を受賞しました。

写真 2015-09-16 7 26 57 unspecifiedバルーン

 

広告